〒350-1323 埼玉県狭山市鵜の木22-7 いのちの樹教会 04-2952-5080(FAX共通)
いのちの樹教会、および日本同盟基督(キリスト)教団は、聖書信仰に基づく福音主義キリスト教(プロテスタント)です。

Copyright © 2019 日本同盟基督教団 いのちの樹教会。 All Rights Reserved.

​教会案内

いのちの樹教会は、日本同盟基督教団に属する聖書信仰に基づいた福音的キリスト教会です。

【沿革】

 

1961年、エドワード・H・マルチン宣教師によって狭山コミュニティーバプテスト教会という名で宣教が開始されました。 以後、フィリップス宣教師、ヘギー宣教師と続き、1970年、初代日本人牧師として大嶋義隆牧師が就任、 1975年に日本同盟基督教団に加入いたしました。1977年、鯉淵千者也牧師就任。 1979年、教会名を「いのちの樹教会」と改名。1991年、平島誠牧師就任。 1996年に現会堂を建築いたしました。2009年、4代目牧師として小見靖彦牧師就任。 今年で59年目を迎える教会です。

【信仰告白】

私たちは、以下の通り、日本同盟基督教団信仰告白を告白いたします。


日本同盟基督教団信仰告白

 

【前 文】

日本同盟基督教団の歴史は、15名の宣教師が横浜に上陸した1891年11月22日に始まる。彼らを派遣したのは、フレデリック・フランソンが設立した北米スカンヂナビアン・アライアンス・ミッションであった。宣教師と牧師、信徒の協力によって生み出された諸教会は、1922年10月に日本同盟基督協会を組織し、宣教に情熱を注いだ。戦時体制下、宗教団体法施行にともない1941年に日本基督教団第八部に所属したが、戦後同教団を離脱し1948年10月に日本同盟基督教団として新たに出発し今日に至っている。
本教団の存立の目的は「聖書信仰、宣教協力、合議制」における一致のもと、聖霊の力によりキリストの宣教命令に応えて、神の栄光を現すことにある。この目的のために、本教団は、犠牲を惜しまず、積極的な開拓伝道と堅実な教会形成による国内宣教および「日本とアジアと世界」を視野に入れた国外宣教を推進して、地の果てまで福音を宣べ伝える。また、過去の戦争協力と偶像礼拝の罪を悔い改め、世の終わりまでキリストへの信仰を堅持する。


【第 1 条】

本教団は、聖書の啓示するイエス・キリストを主とする公同教会の一員であり、聖書信仰に立って次の信仰を告白する。

「我らは、聖書において啓示され、使徒信条をはじめとする公同の信条が言い表し、宗教改革において鮮明にされた信仰にもとづいて、次のように信じ、告白する。

1.旧 、新約聖書66巻は、すべて神の霊感によって記された 誤りのない神のことばであって、神の救いのご計画の全体を啓示し、救い主イエス・キリストを顕し、救いの道を教える信仰と生活の唯一絶対の規範である。
 

2.神は霊であり、唯一全能の主である。神は永遠に父と子と聖霊の三位一体であって、その本質において同一であり、力と栄光とを等しくする。
 

3.神は、永遠の御旨により万物を創造し、造られたものを摂理によって統べ治める絶対主権者である。
 

4.はじめに人は、神のかたちに創造され、神と正しい関係にあった。しかしサタンに誘惑され、神のいましめに背いて罪を犯し、神のかたちを毀損した。それゆえ、すべての人は生まれながら罪と悲惨、死の支配のもとにあり、思いと言葉と行為とにおいて罪ある者である。自分の努力によっては神に立ち返ることができず、永遠の滅びに至る。
 

5.主イエス・キリストは、父なる神のひとり子であって、聖霊によって宿り、処女マリヤより生まれたまことの神にしてまことの人である。主は我らに代わって十字架にかかり、死んで葬られ、よみにくだり、三日目に死者の中からよみがえり、我らのために贖いを成し遂げ、我らに永遠のいのちを与えた。主は天に昇り、父なる神の右の座に着き、大祭司として今も我らのために執り成している。

 

6.聖霊は、我らに父と子を示し、罪を認めさせ、赦しを与え、我らを新たに生まれさせ、神の子とする。人は、自分の行いによらず神の恵みにより、主イエス・キリストの贖いのゆえに、キリストを信じるただその信仰によって義と認められる。さらに、聖霊は、助け主、慰め主として我らの中に住み、我らを主と同じかたちに造りかえ、我らに御旨を行わせ、世の終わりまで我らとともにあり、我らをキリストとの共同相続人とする。
 

7.教会は、聖霊によって召し出された神の民、主イエス・キリストをかしらとするからだであり、 羊飼いなる主の御声にのみ聴き従う羊の群れである。地上の教会は、再び来られる主を待ち望みつつ礼拝し、みことばを説教し、聖礼典を執行し、戒規を重んじ、聖霊の力によって全世界に福音を宣べ伝える。
 

8.終わりの時に、主イエス・キリストはみからだをもって再臨し、生ける者と死せる者とを審判する。主は我らをからだをもってよみがえらせ、我らをご自身の栄光と同じ姿に造りかえ、万物を新たにし、神の国を完成する。アーメン。」